工務店で家を建てよう

家は工務店に頼む

工務店を選ぶ際には

このコラムをシェアする

工務店選びで参考にするもの

規模の大きい建設会社でも、倒産することはありますが、小さな工務店などの場合には、経営が安定していないことが少なくありません。
なので、工事の途中に突然会社が倒産して、家は建築途中のまま、お金が返ってこないという可能性があります。
また、家を建て終わっている場合には、その後のアフターサービスを受けることができなくなります。

建築会社の倒産が気になるという人は、住宅保証機構の中の、住宅完成保証制度に登録している工務店に依頼しましょう。
住宅完成保証制度に登録されている工務店に依頼していた場合には、建築の途中に会社が倒産したとしても、引継ぎで代わりの業者に建築してもらえます。
建築の引継ぎだけではなく、前払いで支払っていたお金や追加で必要になった工事の費用なども、保証してもらえます。

工務店を知るには

工務店は数多くあります。
より良い家を建てるとなると、その中から、腕の良い工務店を探すことが重要なポイントとなります。

工務店は大手のように広告を打つことができません。
なので、地元での会社の評判が大事になります。
地元で、長い間営業しており、実績のある会社は良い工務店になります。

しかし、小さな工務店となると、ハウスメーカーの住宅展示場を見学させてもらうことはできません。
その工務店が建てた家の品質を知ることが難しいです。
工務店によっては、建てている注文住宅に見学に行くことができます。

最近はインターネットで、会社の情報を掲載している工務店が増えてきています。
また、カタログなどが無い場合の工務店でも、会社案内用のパンフレットを用意している場合が多いです。
パンフレットから、業務経歴や保証制度を知ることができます。