工務店で家を建てよう

家は工務店に頼む

工務店ならではの良い点と悪い点

このコラムをシェアする

工務店のメリット

工務店で家を建てる場合には、ハウスメーカーのような全国展開している建築会社よりも、家を建てる費用が安いです。
工務店は、営業のための人件費や広告費用などにお金をかけていないので、その分ハウスメーカーよりも、価格が安くなっています。

工務店では、依頼した人と一緒に家を造っていきます。
家の外観から間取り、家の中の設備や使用する木材などの工務店の人と話し合って決めていくことができます。
なので、一部の材料のコストを抑えるなどのように、予算の調整がしやすいです。

工務店で家を建てる場合には、自分たちに合わせた家を建てることができます。
地元密着型の工務店は、地元を知っているので、その土地の環境にあった家造りが可能になります。
家を建てた後に不具合が起きた際には、工務店の場合、すぐに対応してもらえます。

工務店のデメリット

工務店で家を建てる場合には、ハウスメーカーに比べて家の建築に時間がかかります。
ハウスメーカーの場合には、自社の工場である程度組み立ててから、現場に運び込まれます。
工務店の場合は、一から家を造っていくことになるので、時間がかかってしまいます。
アパートなどを仮住まいとする場合には、工期が長くなる程、家賃などの費用がかかります。

また、工務店によって家の品質が違います。
工務店は、予算や法律が許す範囲で、自由に家を建てることができます。
しかし、工務店は施工する人が少ないので、工務店ごとに得意不得意があり、家造りを制限される可能性があります。
場合によっては、良くない工務店に家の建築を依頼してしまう可能性があります。