工務店で家を建てよう

家は工務店に頼む

規模の小さな工務店に比べて

家を建てる際には、ハウスメーカーや工務店が主な依頼先になります。

ハウスメーカーと工務店ともに、はっきりとした定義はありませんが、展開している規模によっておおまかに分けられています。
ハウスメーカーは、テレビのCMや広告などで目にする、全国に店舗をかまえているような大きな規模で展開している建築会社のことを言います。
工務店とは、ハウスメーカーと比べると、営業の範囲が狭く地元に密着した、少数の従業員を雇用している小規模の建築会社のことになります。

ハウスメーカーに、家の建築依頼すると、基本的には下請けの工務店に家の建築を委託します。
ハウスメーカーは、大手の建築会社になので、効率が良いようにマニュアル化されています。
そのため、工務店に比べて、家の自由度は制限されますが、短い施工期間で家を建てることができます。
また、営業や広告費用がかかっていることや、家の建築資材に良い材料を使用しているので一定の品質が保たれていますが、その分だけ、家を建てる際にかかる費用が高額になります。

工務店は、工務店ごとに家を建てた後の保証は違ってきます。
大手の建築会社であるハウスメーカーは、会社が倒産しにくく、家を建てた後のメンテナンスや保証制度が制度化されています。
なので、担当していた人が異動や退職などで、いなくなっていたとしても、定められている制度に沿って対応してもらえます。
ハウスメーカーで家を建てた場合には、間取りや設備は一定のパターンとバリエーションから選んで建てます。
なので、家に何らかの不具合が起きた場合には、問題を発見しやすいのです。
ですが、そこから外れた間取りや設備を導入していると、不具合の原因を発見や、その際の保証とメンテナンスが難しくなってしまいます。

工務店とハウスメーカーの違い

工務店と言われる建築会社はほとんどの場合、社員が数名程の規模の小さい工務店になります。 小さな工務店の場合、広告費用や営業のための人件費がかかっていない分、低価格で、高い品質の家を建ててもらえる可能性があります。 しかし、小さな工務店の数は多くあり、品質も会社によって違います。

工務店ならではの良い点と悪い点

工務店に家を建ててもらうメリットは、自分たちに合わせた家を建ててもらうことができます。 また、ハウスメーカーに比べて、家に不具合が起こった場合にはすぐに対応してくれます。 しかし、工務店は工務店ごとに得意不得意があり、また、技術力も違います。 工務店によって家の出来は左右されてしまいます。

工務店を選ぶ際には

工務店で家を建ててもらう場合には、新築住宅を多く扱っている工務店に依頼しましょう。 一口に工務店と言っても、リフォームや解体などを主に行っている工務店のように、工務店ごとに行っている工事内容は様々です。 なので、家造りを依頼する場合には、新築住宅をメインで行っている工務店を選びましょう。

おすすめリンク

名古屋でおすすめの剪定業者

名古屋にお住まいで庭の剪定を予定しているなら知っておきたい、おすすめの剪定業者をご紹介。